Googleサジェストに対する削除・非表示の流れとは?風評被害対策のプロが削除方法をご紹介

Googleサジェストに対する削除・非表示の流れとは?風評被害対策のプロが削除方法をご紹介 検索関連

Googleで企業名を検索するとサジェストにネガティブな単語が出てきてしまう、サジェスト汚染にどうやって対策すれば良いのか分からないと悩んでいる人もいるでしょう。

この記事では、サジェスト汚染が企業や個人に与える影響、Googleのサジェストを削除・非表示にする方法などを紹介していきます。Yahooのサジェストを削除・非表示する方法も合わせて解説していくので、参考にしてみてください。
 

すぐにサジェストの削除・非表示方法を知りたい方はコチラ

 

Googleのサジェストに関する基礎情報

Googleサジェストの表示

Googleサジェストは、検索サイトの利便性を高めるためのツールの一つです。検索窓に単語を入れると、検索ワードの組み合わせ例を表示してくれます。

普通に使うには便利なのですが、問題は悪意あるユーザーが、特定の事業やサービスを陥れるために利用できるという点です。ネットではサジェスト汚染として知られており、風評被害につながるので注意が欠かせません。

サジェストとは

サジェストとは、Googleの検索窓に単語を入力した際、一緒に使われるワードの組み合わせを例示する機能です。この仕組みは、オートコンプリートや予測変換などと呼ばれています。

GoogleとYahooはサジェストの表示内容が違う

例えば、「パン」というワードを入れると、自動で「パン屋」や「パン 手作り」などの検索候補を表示してくれます。これは他のユーザーが良く使う検索ワードの組み合わせです。「パン」と検索する人は、パン屋さん情報を調べる人やパンの手作りの方法を調べる人が多いということになります。

Yahooにもサジェスト機能がありますが、GoogleとYahooでサジェスト表示が違うのは興味深いところです。おそらくGoogleとYahooのユーザー層の違いが検索クエリに影響が出ているのではないかとと推測されます。

Googleのサジェスト表示
検索キーワード:パン

Googleのサジェスト内容

Yahooのサジェスト表示
検索キーワード:パン

Yahooのサジェスト内容

サジェストに関する詳しい内容は「サジェストとは何か?ネガティブな検索候補を出さないようにする方法とは」をご覧ください。

サジェストの仕組み

単語に関連があるからといって、サジェストで全てのワードを網羅することはできません。このため、先ほどの「パン」の例であれば、多くのユーザーが使うと思われる、人気のワードに限定して組み合わせる仕組みとなっています。

言い換えれば、「パン 不動産」と検索する人が少なければ、「不動産」はサジェストとして表示されません。

関連ワードは基本的に「良く検索されているワード」で、「ネット上にコンテンツがある」場合、人気が高いと判断しているようです。

サジェスト汚染とは

競合他社や悪意を持ったユーザーが、ある企業や商品などを貶めるため、ネガティブなワードをサジェスト表示させることがあります。例えば、「A社 ブラック企業」や「B社 悪徳企業」などです。

実際にそのような事実がなくても、サジェストの仕組みを悪用して、ネガティブなワードを表示させるよう仕向けています。ネットでは問題視されている行為の一つで、悪意あるワードが予測変換として並んだ状態を、「サジェスト汚染」と呼ぶようになりました。

近年は誹謗中傷目的で使われるケースが増えており、被害者はもちろん、ユーザーにも誤った情報を与えられるため、さまざまな方面にとても迷惑な行為です。

ネガティブなサジェストが与える影響

ネガティブなサジェストが与える影響

ネガティブなサジェストは、企業はもちろん、個人をもターゲットにしています。いずれの場合も放置すると、被害が雪だるま式に拡大しかねません。会社が営業不能に陥ったり、個人のプライバシー情報が流出したりとトラブルは後を絶たないのです。

具体的に、どのようなリスクがあるのか、確認していきましょう。

企業の場合の例

企業のリスク
企業の場合、「詐欺」や「ブラック」などの企業そのものを陥れるようなワード、飲食店であれば「食中毒」といった評判を落とすような汚染ワードが選ばれやすいです。

ユーザーが検索サイトで会社を調べている際に、「詐欺」や「ブラック」、「食中毒」などの関連ワードを見ると、本当にそのような問題があったと誤解します。

結果、その会社の商品を避けたり、取引をやめたりなどの被害が生じるでしょう。つまり、営業機会の逸失などによる経済的な打撃や、企業イメージの悪化が懸念材料です。酷いときは、自社や取引先、スポンサーに問い合わせが入ることもあります。場合によってはエスカレートして、犯罪行為に巻き込まれる可能性もあるでしょう。

個人の場合の例

個人のリスク
個人が狙われた場合、被害者本人は大きな精神的ダメージを受けます。その上、人物が特定されてしまうと、社会的な立場も悪くなりかねません。

特に政治家やタレントだと、犯罪歴や過去の失言を、あたかも本当にあったかのように表示されるので、活動に支障がでるのは想像に難くないはずです。

そのような特別な立場でなくても、学校や会社で噂が広まったり、近所の人に警戒されたりして、暮らしにくくなるケースもあります。また、就職や結婚前の身元調査などの際、不利益を受ける心配もあります。

Googleのサジェストを削除・非表示する方法

Googleのサジェストを削除・非表示する方法
Googleのサジェストを削除・非表示する方法は複数あります。一個の手段が駄目でも、他の方法を使えるので順次、試していきましょう。

基本的にはオンラインで簡単に手続き可能ですが、他にもネガティブなコンテンツを削除・非表示させる方法や、法的なアプローチも選択肢です。放置すると、虚偽の情報が真実として認識される危険性が高まるので、早めの対策を検討してください。

  1. 検索画面から報告
  2. 該当ワードに関する記事を削除・非表示申請
  3. Googleに法的な請求
  4. リスタートを利用する(有料)

検索画面から報告

不適切なワードを見つけた場合、Googleの検索サイト上から削除申請を出すことができます。これが、もっとも簡単な方法でしょう。

まず、Googleの検索ページに移動し、検索窓にワードを入力してください。サジェストが一覧表示されますが、その一番下に小さく「不適切な検索候補の報告」というリンクがあるので、これをクリックします。
不適切な検索候補の報告

そこから表示される報告用の画面から、削除・非表示したいワードと理由を選んで送信ボタンを押せば報告完了です。後は、Googleの判断を待ちます。

オートコンプリートポリシーとは

サジェストの削除・非表示申請を受けても、Googleはその全てを受け入れるわけではありません。むやみにサジェスト削除・非表示を申請する人もいますから、受け入れるかどうかはオートコンプリートポリシーと呼ばれるガイドラインに準じて判断しています。

オートコンプリートポリシーは、サジェストを利用する上で、どのような行為を規制するかを定めているガイドラインです。以下のようなコンテンツが対象となります。

  • 危険なコンテンツ
  • ハラスメント コンテンツ
  • ヘイト コンテンツ
  • 露骨な性表現を含むコンテンツ
  • テロに関するコンテンツ
  • 暴力や流血
  • 下品な言葉や冒とく的表現

参照:Googleヘルプセンター

該当ワードに関する記事を削除・非表示申請

サジェスト汚染が行われている場合、ネガティブなワードを含む記事がWEB上に投稿されている可能性があります。例えば「A社 パワハラ」といった汚染があれば、そのフレーズを含んだ記事がネット上にあるため、それを削除・非表示してもらいましょう。

まるで真実であるかのように書き立て、訪問者を煽るような場合も多いですから、その記事を放置するのもリスクがあります。

記事の削除・非表示は、投稿者に直接連絡するのがもっとも簡単な手段です。これが駄目なら、送信防止措置依頼書を作成して、ページ管理者ないしプロバイダに送付しましょう。依頼書には具体的に、どんな権利が侵害されているかなどを記載します。

Googleに法的な請求

削除申請が功を奏せず、サジェスト汚染がおさまらないときは、別の方法を検討しましょう。Googleには、法的な問題に関するヘルプのページが用意されており、そこから法的請求の申請ができます。

方法はまず、「法律に基づく削除に関する問題を報告する」ページにアクセスしてください。削除申請フォームがありますので、日本においてどのような法律に違反するかを指摘し、削除したいワードを指定します。

ここでは権利侵害の理由をできるだけ詳しく書くのがポイントです。加えてスクリーンショットの添付や、デジタル署名も行いましょう。少し手間はかかりますが、その分、ある程度は誠実な対応が期待できます。

リスタートを利用する(有料)

リスタートのサジェスト料金

これまで3つの方法をお伝えしてきました。
一般的にはこれらの方法でサジェスト削除・非表示申請を行いますが、それでも非表示されなくて困っている方はリスタートをご利用ください。

リスタートはネットの風評被害対策サービスのプロです。様々なネット風評被害対策に取り組んできており、多くの方に喜んで頂いております。
※弊社サービスは有料になりますので、ご留意ください。

ネットでの誹謗中傷によって被害を受けている方は数多くいます。またお客様一人ひとり事情や理由が異なります。相談料は完全無料ですので、一度お問い合わせください。

リスタートのサービスページはコチラをご覧ください。

Yahooのサジェストの削除・非表示方法

YahooはGoogleと並び、二大検索エンジンと呼ばれます。こちらのサジェスト汚染も放置すると危険なので、早急に対策しましょう。

削除申請はyahooのヘルプセンターから削除申請専用の問い合わせフォームから行います。フォーム画面に移動すると、お問い合わせボタンがあるので、それを押してください。
Yahooヘルプセンターのお問い合わせ画面

「お問い合わせ」と表示されたリンクをクリックすると、「どの検索についてのお問合せですか」と聞かれますので、「関連検索ワードの情報削除」を選択してください。次に、「検索結果ページのURL」「関連検索ワード」を記入する欄がありますので、必要事項を記入します。

関連検索ワードの情報削除を選択する画面

画面が切り替わったら、メニューから「関連検索ワードの情報削除」を選び、検索結果のURLや消したいワードを指定します。後は送信すると作業は終了ですが、こちらもYahooの判断になるので、必ず消去されるわけではありません。

それでも消えなくて困っている方はリスタートにお任せください。リスタートではYahooのサジェストにも対応可能です。
リスタートのサービスページはコチラをご覧ください。

Googleサジェストの削除・非表示ができない場合の相談先は?

Googleサジェストの削除・非表示ができない場合の相談先は?
個人で申請しても、Googleサジェストの削除・非表示が認められないケースはしばしばあります。個人では法的な対応力に限りがあるため、どうしても手続きが難航し、相手の方もぞんざいな対応をしがちです。

その場合は、弁護士や専門会社に依頼すると泣き寝入りせずにすみますので、積極的に検討していきましょう。

弁護士

法的根拠が明確でないと、Googleはサジェストの削除に積極性を示しません。そのため、法律相談が得意な弁護士は、頼れるパートナーです。

サジェスト汚染に関しては、民法や刑法、憲法を始め、さまざまな法律への理解が欠かせません。弁護士はそれらの法律のうち、どの部分に抵触するかを明確に判断し、説得力を持って相手に伝えることが可能です。場合によっては裁判所を利用するなど、法的圧力もかけられます。

相談する場合は、IT関係の専門知識があるか、サジェスト汚染やネット上の風評被害に詳しい事務所を選ぶのがコツです。事務所によって得意・不得意があるので、相談先は吟味してください。

風評被害専門会社

風評被害の対策や解決をなりわいにしているのが風評被害専門会社で、知識とノウハウがあるスタッフが揃っており、困っている企業や個人を強力にサポートしてくれます。サジェスト対策についても実績がある会社が多いので、安心して任せられるのが強みです。

風評被害専門会社はサービスとして、サジェスト汚染の解消や見回りパトロールなどを用意しています。未然にトラブルを防いだり、再発を予防したりと、幅広いアプローチができる分メリットが多いのです。

特に実績がある会社は、結果が出る方法を熟知している他、幅広い事例に携わっているため対応力も期待できます。

リスタートのサービスページはコチラをご覧ください。

風評被害専門会社に依頼するメリット

風評被害専門会社に依頼するメリット
弁護士とは異なる対策を行うのが、風評被害専門会社の特徴です。法的な手続きに関しては弁護士より強力とはいえないものの、ITや風評被害についての専門ノウハウがあるのが大きなメリットとしてあげられます。

費用と効果を考えながら、弁護士とともに検討してみてください。もちろん、風評被害専門会社ならではの魅力もあるのでチェックしておきましょう。風評被害専門会社に相談した方がスピーディーに問題を解決できるケースもあります。

気軽に相談しやすい

弁護士となると、費用的にも精神的にもハードルが高いと感じてしまうでしょう。法律に詳しいのは良いのですが、いきなり法的手段をとるのは抵抗があるという人も少なくありません。

その点、風評被害専門会社は、裁判に頼らない解決策があるので気持ち的にも楽です。法的手段以外にも、汚染サジェストを解消できるノウハウやテクニックを備えています。

さまざまな料金プランが用意されており、ニーズに応じて選べるのも魅力です。成功しないと支払いが発生しない成果報酬型や、常に問題に備えるための定額制プランもあります。小さな問題なら少額プランを選べるので、気軽に相談することが可能です。

プロが素早く対処してくれる

解決までのスピードが早いのも、風評被害専門会社の魅力です。特に、裁判となると数年がかりで争い、その後で検索エンジンに申請するケースもしばしばあります。これでは、判決が出るまでにネガティブなワードや中傷記事を信じたユーザーが増え、被害が拡大してしまうでしょう。

しかし、風評被害専門会社は早ければ数日で結果を出せます。汚染されたサジェストを解消する他、汚染源となっている口コミやSNS投稿などのリサーチも可能です。2、3日で問題が解決すれば被害の拡大は最小限に押さえられますので、対応の迅速さは大切な要素の一つといえます。

ネット風評被害専門会社ならリスタート

現在はネットの風評被害が増えていることもあり、風評被害専門会社も乱立傾向にあります。そのため会社選びで戸惑ってしまうケースも多いでしょう。

ネット風評被害専門会社をお探しなら、リスタートをご検討ください。

解決率97%で最短即日で解決

これまで多数の事案に携わっており、トラブルの解決率は驚異の97%です。サジェスト汚染はもちろん、これまで悪意あるネット記事や口コミにも対応してきました。

サジェスト汚染が見られる場合は、他にも有害なコンテンツをアップロードされるなど、気付かないうちに被害が拡大していることが多いですが、リスタートなら幅広い問題を解決できます。

また、リスタートではスピーディーな対応を売りにしており、最短即日で解決可能です。

無料相談が可能

リスタートでは無料相談に対応しているため、不安や疑問を解消しやすいでしょう。相談の度に費用が発生するのでは、気軽に問い合わせもできません。

無料相談では丁寧にヒアリングを行って、最適な解決方法を提案しています。何から手を付けたら良いか分からないときや費用面で不安があるときなどは、気軽に問い合わせてみてください。相談窓口は電話の他に、メールやLINEも選べます。

成果報酬で着手金0円

費用は成果報酬型で着手金も無料なので、料金面でも安心です。成果報酬型は言い換えれば後払い契約となっています。前払いの場合は成果がでないと無駄になってしまいますが、リスタートでは成功した場合にのみお支払いなので、利用者の方も無駄がありません。

風評被害対策への自信があるリスタートならではの料金設定となっておりますので、ぜひご利用ください。

まとめ

Googleのサジェストはオートコンプリートや予測変換とも呼ばれ、検索窓に単語を入力した際に、一緒に使われるワードの組み合わせを例示してくれる機能です。
そんなサジェストにネガティブなワードが並ぶ状態を「サジェスト汚染」といいます。サジェスト汚染が起こると、検索したユーザーからの評判が悪くなってしまうため、早めに対処しなければいけません。
Googleサジェストを削除する方法としては、検索画面から報告、該当ワードに関する記事の削除申請、Googleに法的な請求、の主に3つの方法があります。
しかし、サジェスト削除を個人で行うのは難しいため、弁護士や風評被害対策専門会社への依頼がおすすめです。リスタートなら、97%の解決率を誇っております。成果報酬型で着手金0円なのでお金の心配もなく、無料相談も可能なのでお気軽にご相談いただけます。

この記事の編集者

リスタート編集部

WEBマーケティング歴12年のエキスパートにお任せ

リスタート編集部ではネット上の誹謗中傷・風評被害でお悩みの方をサポートするためにコラムを公開しております。インターネットによる誹謗中傷は対策が難しく、また不特定多数の目に留まりやすい為イジメの原因になったり就職や入学への影響が出る可能性もあります。放っておくと被害が増える一方なので絶対に泣き寝入りしないでください。5ちゃんなどの掲示板、サジェスト、Google Mapsの口コミなど、どんなご相談内容でも承ります。相談料は無料です。

お気軽にお問い合わせください!

FAQこのコラムに関するよくあるご質問

Google、Yahoo!ともに検索窓に単語を入力した際、一緒に使われるワードの組み合わせを例示する機能です。この仕組みは、オートコンプリートや予測変換などと呼ばれています。

ネットでは問題視されている行為の一つで、悪意あるワードが予測変換として並んだ状態が「サジェスト汚染」と呼ばれています。

タイトルとURLをコピーしました